羅臼観光 羅臼観光
羅臼写真集
知床ネイチャークルーズ   ゴジラ岩観光   はまなす

羅臼町とは

羅臼町地図
羅臼町は、道東、根室振興局管内の目梨郡にある町で、知床半島の南東半を占めています。 町名の由来は、アイヌ語の「ラウシ」から。
内陸側は知床連山、海側は根室海峡を隔てて国後島と向き合っていて、雄大な自然に囲まれた町です。
主要道路は南の標津町から海岸沿いに伸びる「国道335号」と 知床峠(740m)を越えて斜里町へと抜ける「国道334号」(冬季通行止め)があります。
内陸側では日本百名山の一つに数えられる秀峰「羅臼岳」、トレッキングを楽しめる「羅臼湖」や「熊越の滝」、 地元民に愛される温泉「熊の湯」などがあります。
海側では「クルージング」を楽しめ、クジラ、イルカ、シャチ、トド、オジロワシ、アザラシ、流氷 などを観察することが出来ます。 天候によっては「クジラの見える丘公園」からも、野生動物観察することが出来ます。
また知床半島の一部は世界自然遺産となっています。

上へ戻る

世界自然遺産・知床

世界自然遺産知床地図
(「eco旅ナビより抜粋)
2005年7月17日、海から陸へとつながる生態系や希少な動植物の生息地であること、保全のための管理体制が整っていることが評価され、世界自然遺産に登録されました。 (世界遺産とは?→ 「日本の世界自然遺産」)

上へ戻る

羅臼町の特産品・おみやげ

羅臼昆布

羅臼昆布

知床半島の羅臼側でしか獲れない羅臼昆布は、高級昆布として人気です。濃い出汁が取れます。

羅臼海洋深層水ミネラルウォーター

海洋深層水ミネラルウォーター

清浄な深海の海水で、「生命の源」と注目されている海用深層水。 羅臼は大自然に囲まれた、知床国立公園のあり、その自然が生み出したミネラル豊富な海用深層水はお土産におすすめです。
(詳しくは→「らうす海洋深層水」)

羅臼バフンウニ

バフンウニ

収穫時期は1月〜5月で大変貴重です。高級昆布である羅臼昆布を食べて育っていますので臭みが少なく、栄養価がたっぷりです。

羅臼ほっけ

ほっけ

羅臼のほっけは身がぎゅっと引き締まり、うまみが閉じ込められています。

羅臼秋鮭

秋鮭

羅臼は日本有数の秋鮭の水揚げを誇る産地です。一番美味しい時期の秋鮭の中から更に厳選した秋鮭を、 知床羅臼銀毛鮭「羅皇」と名付けて販売されています。

羅臼海産物

たらこ・いくら・ぶどうえび

知床・羅臼の海で育った海産物は、国産最上級品です。

上へ戻る

羅臼町へのアクセス

羅臼町アクセス

(「知床羅臼町観光協会 日本の最果て知床 羅臼であいたい」より抜粋)

上へ戻る

「阿寒バス」「斜里バス」時刻表・料金表リンク

■阿寒バス釧路羅臼線
■阿寒バス羅臼ウトロ線
■斜里バス斜里知床線

羅臼町アクセス


(「知床羅臼町観光協会 日本の最果て知床 羅臼であいたい」より抜粋)

上へ戻る